フロイス日本史とは

「もしもデウス様の御奉仕となるのに必要とあらば、其、一人の息子をあの海に投ぜよと命じられたとしても、なんら躊躇することなく、言葉どおりそれに従うでありましょう」と。 その後フロイスはまで日本で執筆を続け、同年にヴァリニャーノとともに日本を発ち、に到着。

ルイス・フロイス

この時マフェイは、当時すでにインドと日本からの通信者として知られていたルイス・フロイスの事を思い出し、同年11月6日にイエズス会第4代総長 エヴェラール・メルキュリアン (、、)への書状を出し、フロイスを布教の第一線から引かせ、ヨーロッパの後進が日本布教に赴く際の資料とするために日本でのキリスト教布教史を書かせるよう依頼した。 フロイスが、彼について記述した箇所をみてみましょう。 から日本の事情を聞き,6 1563 年来日。

6

楽天ブックス: 完訳フロイス日本史(1(織田信長篇 1))

, 後年に再度蒐集され、行方不明となった第1巻以外は20世紀以後に徐々に刊行されるようになった(詳細は下記参照)。 1561年にしインド管区長秘書を務める。

5

『フロイス日本史』に見る永禄の変への道

それは一五七八年の十二月二日、火曜日のことであった。 ただ、「tu」はさまざまな日本語に置き換え可能ですので、日本語版だけを参照して、「信長は他の者を『貴様』と呼んでいた」と鵜呑みにはできません。 西洋人から見た戦国日本に関する記述は、重要な研究資料となっています。

20

耳川の合戦とは?大友vs島津の決戦をフロイス日本史から見る【宮崎の旅】

世界各地への宣教に努めたイエズス会という男子修道会から派遣されてきた宣教師でもありました。

ルイス・フロイス『日本史』の中でボロカスに書かれてる明智光秀

耳川の戦いと呼ばれる理由 敵方は豊後の将兵を殺害しながらなおも追跡の手をゆるめなかったので、豊後の将兵たちは、ついには差し迫った危険と死の追跡から免れようと、水量豊かな耳川に身を投ずるほかなく、ほどなく水中に没し溺死した。 なかなかの調子です。