道路交通法施行規則/新法律解説 一部改正道路交通法

)及び令第三十四条の四第二項 に規定する事実を証するに足りる旅券その他の書類 七 令第三十四条の五第一号 ハ、第二号ハ、第三号ハ若しくはニ又は第五号に該当する者(当該免許試験を行つた公安委員会以外の公安委員会の免許を受けようとする者に限る。

道路運送車両法施行規則

)についての技能 学科教習(法令教習及び構造教習を除く。 2 現に普通仮免許を受けている者に対する普通免許に係る教習については、前項及び別表第四の規定にかかわらず、基本操作及び基本走行並びに学科(一)を行わないことができる。 運転免許取得者教育の認定に関する規則の一部を改正する規則(平成28年規則第18号)• )、ロード・ローラ、タイヤ・ローラ、ロード・スタビライザ、タイヤ・ドーザ、グレーダ、スクレーパ、ショベル・ローダ、ダンパ、モータ・スイーパ、フォーク・リフト、ホイール・クレーン、ストラドル・キャリヤ、アスファルト・フィニッシャ、ホイール・ハンマ、ホイール・ブレーカ、フォーク・ローダ、農耕作業用自動車、ロータリ除雪車、ターレット式構内運搬車、自動車の車台が屈折して操向する構造の自動車及び内閣総理大臣が指定する特殊な構造を有する自動車(この表の小型特殊自動車の項において「特殊自動車」という。

3

○道路交通法施行細則

道路運送車両法施行規則等の一部を改正する省令• 施行日降順• 道路交通法施行令の一部を改正する政令(平成27年政令第19号)• )の表示は、別記様式第一の標示を、左折しようとする車両がその前方から見やすいように、信号機の背面板の下部(信号機に背面板が設けられていない場合にあつては、信号機の燈器の下方)又は道路の左側の路端に近接した当該道路上の位置(歩道と車道の区別のある道路にあつては、車道の左側部分に接する歩道の車道寄りの路端に近接した当該歩道上の位置)に設けて行なうものとする。

2

道路交通法施行規則の全文・条文

(1) 十五キロメートル毎時未満の速度 一 (2) 十五キロメートル毎時以上二十四キロメートル毎時未満の速度 走行速度をキロメートル毎時で表した数値から十五を減じて得た数値を九で除したものを一から減じた数値 ハ 二十四キロメートル毎時以上の速度で自転車を走行させることとなる場合において、原動機を用いて人の力を補う力が加わらないこと。

道路交通法施行規則

) 法第百八条の二第一項第八号に掲げる講習(以下「原付講習」という。 )又は令第五十二条の二第一項 に規定する納付書の様式は、別記様式第二十八のとおりとする。 道路交通法施行令 道路交通法施行規則 (昭和三十五年十二月三日総理府令第六十号) 最終改正:平成一七年三月四日内閣府令第一六号 (最終改正までの未施行法令) 平成十六年十二月十日内閣府令第九十七号 (未施行) 道路交通法 及び道路交通法施行令 の規定に基づき、並びにこれらを実施するため、道路交通法施行規則を次のように定める。

8

○道路交通法施行細則

)による教習は、基本操作及び基本走行についてのみ行い、かつ、その教習時間は二時限(運転することができる普通自動車をオートマチック・トランスミッションその他のクラッチの操作を要しない機構が採られておりクラッチの操作装置を有しない普通自動車に限る普通免許に係る教習にあつては、一時限)を超えないこと。