「五月雨を集めて早し最上川」(芭蕉) :: 同志社女子大学

松尾芭蕉のそのほかの俳句 (「奥の細道」結びの地 出典:). 松尾芭蕉の人生を年表で見ていくと、本当に長い年月、旅をしていたとわかります。 清風は「紅花大尽(べにばなだいじん)」とも呼ばれた豪商で、俳諧を学び俳人とも交流を深めた人物です。

16

川風を使用した俳句

<北上川流域の代表的な祭り>. 検討した結果、私たちは「最上川舟下り義経ロマン観光」に参加することにしました。

3

スペイン風邪にかかった芥川龍之介の俳句と辞世の句

その句会の発句として芭蕉は、 五月雨を集めて涼し最上川 と詠じました。 松尾芭蕉の春の俳句 25 あち東風や 面々さばき 柳髪 【季語】東風 こち 【補足】 柳髪 やなぎがみ とは、 女性の美しくてしなやかな髪を表現する言葉です。

14

俳句の上達のコツを紹介!

芥川は養子に出てしまったので、旧姓の名前の新原敏三が実父の名前です。 そのことは、同伴した門人の河合曽良が書いた旅日記(奥の細道随行日記)と比較すればすぐにわかります。

9

俳文「おくのほそ道 より 最上川」松尾芭蕉

いずれにしても、この比喩で大切なことは、すでに日常でよく使われている表現は使わないということです。 たった二文字の改訂ですが、これだけで句の趣は大きく変わりました。 また、歯切れがよくなり、余韻が生まれることによってイメージが膨らみやすくなります。

3

松尾芭蕉の奥の細道の足跡・最上川

水みなぎって舟あやうし。 古池や 蛙(かわず)飛び込む 水の音 古池にとつぜん蛙が飛びこんだ。その水音が一瞬静けさを破ったが、またすぐもとの静けさに戻った。 例えば、 "一枚の餅のごとくに雪残る"(川端茅舎)では直喩が使われています。

18

第五回歴史・風土に根ざした郷土の川懇談会

本書は、その旅の真意や目的について、そしてその正体について今も謎が多く残り、様々な噂が後を絶たない松尾芭蕉という人物を題材にした、いわゆるタイムスリップSF小説と言うような作品になっています。 季語は冬を表す「 枯野」です。

18