特定活動ビザとは?3種類の活動内容・申請方法を徹底解説!

1回の更新を入れても、期間は最長1年のみとされています。 特定活動ビザ(老親扶養)の条件とは? 老親扶養は、高齢だから、本国では誰も身寄りがないからといった理由だけでは認められません。 日本国内にある事業所を人材育成や技能継承等の機能を有する国内生産拠点として研究開発や設備投資を強化する。

特定活動 (卒業後の就職活動)

平成27年4月から本措置の対象となる外国人材の受入れが開始しました。 『』 29種類の資格、取得手続きなどを説明しています。

13

在留資格「特定活動」の就労・雇用について解説!【告示特定活動・指定書】|グローバル採用ナビ

更に1回の在留期間の更新が認められるため、1年間日本に滞在することが可能です。

11

特定活動の指定書とは何?外国人が就労できる方法は?

当記事では、特定活動ビザとはどのようなものか、種類、活動内容、申請方法について紹介します。 告示外特定活動の申請について 告示外特定活動は、個々の外国人の事情による付与のため、申請方法は異なります。 特定活動(本邦大学卒業者)は最初は1年の在留期間が付与されますが、その後は5年、3年、1年の在留期間で更新ができ、 永住ビザも将来的には取得可能です。

11

告示外特定活動

通常30日か31日の在留期間が付与されます。

8

特定活動ビザ

特定活動(高度専門・技術活動)• 大学等に在学中に、就職活動が上手くいかず、卒業が近づいてきた場合でも、諦めず「特定活動」ビザに変更して、就職活動を続けるという選択肢もありますので、日本で就職したい留学生には心強いビザになります。 特定活動ビザの許可された活動内容は? 先ほど紹介した特定活動ビザの中でも法務大臣に公示されている活動(2018年現在43種類)には、どのようなものがあるのでしょうか。 (詳しくは『』をご参照下さい。