未来への大分岐|村木多津男|note

過去に読んだことがあると分かるかどうかも、読んだときのコンディション次第か 『小説の自由』は、何年も前に、それこそ文庫にすらなっていないときに、発売直後の単行本を読んだきりなので、内容をほとんど覚えていない。

11

危機の時代の羅針盤~気鋭の哲学者 が説く「未来への大分岐」とは

緊縮財政を止め、大規模公共投資を行い労働者階層への再配分。 これが新しい協同型経済へ導いていくのだ。 『資本主義の終わりか、人類の終焉か? 未来への大分岐』 斉藤幸平・編、980円+税 人類は崖っぷちから落ちるのか、這い上がれるのか 本書『未来への大分岐』は、ガブリエルのほかに、イタリアの哲学者、アントニオ・ネグリとの共著「<帝国>」(アントニオ・ネグリとの共著)でグローバル資本主義が変容させる政治・経済の実相を描いた米国の政治哲学者マイケル・ハート、情報テクノロジーによって資本主義は崩壊すると予言する「ポスト・キャピタリズム」を著した経済ジャーナリスト、ポール・メイソンという3人の知識人と、1987年生まれの気鋭の研究者、大阪市立大学大学院の斎藤幸平准教授(経済思想)との対論をまとめたもの。

1

【満席】【イベント】【斎藤幸平『未来への大分岐』トークシリーズ】民主主義の分岐点 ゲスト:後藤正文

尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。 望ましいですね。

8

未来への大分岐|村木多津男|note

これから出る本をさがす• 〈コモン〉という考え方、概念の提唱は、非常に興味深い。 多くの人が創作活動に励めばより面白い作品ができる可能性が増える。

ヨドバシ.com

最初の方は面白くなかったけど、3章の「コモンから始まる新たな民主主義」は面白かった。 未来ではなく、終末を選ぼうとしているのは、私たち自身なんだ」マルクス・ガブリエルはだから哲学を学ぶことが必要だと言う。 ボリビアの水道。

11

書評『未来への大分岐』

ジャンルでさがす• 2019. ・本イベントはECのみでの販売です。 相対主義者たちの、この「普遍性」を拒絶する態度は、他者から自分たちを分離する新たな境界線を築き、違う場所の違う文化的条件のもとで生きている人の事を、自分とはまったく異なった「他者」としてみなす。

14

危機の時代の羅針盤~気鋭の哲学者 が説く「未来への大分岐」とは

「一人一人が経営者」と言いつつマニュアルを覚えさせている。 デューク大学教授。