カッターナイフを父の病室に… 荻野アンナが語る「介護」の実体験

『名探偵マリリン』(朝日新聞社 1995年 のち文庫)• 「ご両親で入られるの?」 わが家にはわが家の事情がある。 政府給費留学生としてに留学し、を研究する。

12

荻野アンナとは

他方で、第三者に預けるのもまた一苦労であることが、問題を複雑にしている。 私だって、いつも一歩手前の連続です。

誰が先に倒れるか――介護のストレスを、私はサンドバッグにぶつけた(荻野 アンナ)

そういえば、長寿の父もノーテンキでした。

5

【荻野アンナさんインタビュー】20年介護を振り返り「起こったことはみんないいこと」 (1/1)

阿木 どちらも有名なお嬢様学校ですよね。 第69回 「鶸」• 好きとして知られ、のコメンテーターとして駄洒落を連発する他、芥川賞の受賞を報せる電話にも「あ、しょう」と応えた。 html そんな中で荻野さん自身の身体はガンに蝕まれていきます。

12

徹子の部屋

福祉の費用を削るのが社会の流れですが、家族の負担をもっと少なくしてもらいたい。 『ブリューゲル、飛んだ』( 1991年 のち文庫)• 第159回 「送り火」• 荻野の文学研究や創作活動には、母親の強い影響があると自認している。 第125回 「中陰の花」• 幸い、カッターナイフは鞄にしまったまま取り出しませんでしたけど、キャパを超えていたんでしょうね。

荻野アンナ 介護に悩み「父を殺して私も死のう」と考えていた

これから出る本をさがす• 2007年から男女共同参画推進連携会議議員。 「振り返ると、いろいろあったのが、体力のある40代、50代でよかったと思います。 『週刊オギノ』( 1993年)• 55才の時、私は大腸がんになりました。

6

著名人たちも声を揃える、「介護殺人」を招く「在宅介護」の問題点

阿木 そんな輝かしい経歴をお持ちのアンナさんですが、作風とか発言が凄くお茶目(ちゃめ)というか。